相武紗季 阪神競馬場でX’マスのイルミネーション点灯式に出席「いい思い出ができました」

[ 2019年11月30日 18:13 ]

クリスマスツリーのイルミネーション点灯式に出演する相武紗季(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 女優・相武紗季(34)は30日、兵庫県・宝塚市の阪神競馬場でクリスマスのイルミネーション、巨大クリスマスツリーが公開される「阪神メモリアルスターライト」の点灯式に出席。1000人のファンを前に今年初のイルミネーションに「いい思い出ができました」と笑みを浮かべた。

 相武は宝塚市出身。その縁もあっての登壇となった。「幼少の頃には家族でよく遊びに来ました」と語り「景品をもらって、ドキドキしながら開けた記憶がある」と明かした。その当時より大きく、綺麗になった競馬場には「ますますパワーアップして、楽しめる場所になっています。女性限定のカフェもあるし、プライベートでもぜひ、遊びに来たいですね」と帰省した際には訪れるつもりだ。

 現在は日本テレビ「同期のサクラ」(水曜後10・00)に出演中で、撮影に追われる日々。今年のクリスマスについて聞かれると「学生の頃はよく遊んだ。仕事が忙しいイメージだったけど、ここ数年はイベントを楽しめるようになりました。ゆっくりできると思います」。16年に結婚し、17年に出産。家族もできて、クリスマスを満喫する予定のようだ。

 阪神競馬場は12月3日に1949年にレース開催が始まった同競馬場の70回目の誕生日を迎える。そのお祝いとして、初めて競馬場正門へ続く専用道路サンライトウォークに2万1400球のLEDのイルミネーションが灯り、さらに高さ10メートルのクリスマスツリーにも馬や蹄鉄が飾り付けられた。「節目の70年。初めてクリスマスツリーを点灯させました。来年、再来年と続けたい」と植田克己・阪神競馬場長は語った。

 この日、点灯されたイルミネーション、クリスマスツリーは、12月は1、7、8、14、15日の土曜、日曜と、21~28日の計13日間、午後4時半から午後8時まで点灯される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月30日のニュース