【広瀬すず なつぞら撮了スピーチ要旨】100作目の期待に応え切れず?本音「悔しい」も「心から幸せ」

[ 2019年8月21日 11:10 ]

1年3カ月の長丁場となったNHK連続テレビ小説「なつぞら」の撮影を完走した広瀬すず
Photo By スポニチ

 女優の広瀬すず(21)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)の撮影が20日深夜、終了した。番組公式ツイッターとインスタグラムで報告された。SNSで動画を使っての視聴者への先行報告は異例の試み。クランクアップセレモニーの様子が伝えられた。

 オールアップの声が掛かると、1年3カ月の長丁場を完走した広瀬は右手を突き上げてジャンプし、全身で喜びを表現。くす玉を割り、花束などを贈られた。制作発表から本編名場面をまとめたVTRを目にした時は少し目が潤んだが「常に楽しいが勝ちすぎて、体調を崩すこともなく、だんだん『大丈夫?』とも聞かれなくなり、何か本当に大丈夫でした。体力だけは自分の中で、すごい自信があったので」と笑いを誘う余裕も。タフさを示した。

 一方「100作目という大切な節目とは思うんですが(期待に)全部応えられなかったなと思うのが、ものすごく悔しい」と率直な心境も吐露。“まだやれた”という貪欲さと負けん気をあらわにしながら「この作品に出会えて、本当に心から幸せに、うれしく、そして誇りに思います」と笑顔。スピーチ中、涙はなく、共演者とスタッフに感謝した。

 広瀬のスピーチ要旨は以下の通り。

 「1年強、本当にお世話になりました。ありがとうございました。こんなこと(セレモニー)までしてもらえるのは、すごくうれしいですし、1年間頑張ってきてよかったなと思います。自分の力不足をガツンと自分自身に感じさせられた作品だなと正直、思っているくらい。キャストやスタッフの皆さんからもらうものが多すぎて、私1人じゃ抱え切れないというか、どうだろうと思う時間の方が正直、多かったです。皆さんにはご迷惑をお掛けしたというか、力が足りなかった分、支えてくださって、本当に心から感謝しています。常に楽しいが勝ちすぎて、体調を崩すこともなく、だんだん『大丈夫?』とも聞かれなくなり、何か本当に大丈夫でした。体力だけは自分の中で、すごい自信があったので、やっぱりヒロインは大変だなと思う瞬間もあれば、『まんぷく』の安藤サクラさんにヒロインにしか分からない気持ちもあると言われて、正直それはあると実感したというか、痛感した瞬間はあるんですが、たぶん誰もがヒロインをやってよかったと思える朝ドラというのはすごいなと思いました。歴代のヒロインの方にもたくさんお会いしましたが、皆さん、自分の誇りに思える作品だったというのは、話していても見ていても伝わってきました。100作目という大切な節目とは思うんですが(期待に)全部応えられなかったなと思うのが、ものすごく悔しいんですが、奥原なつという素敵な人物を演じさせていただいて、心から幸せに思います。本当に家族が増えたと思うことが多くて。すみません、全然まとまっていないんですが。ただただ皆さんから、たくさんの幸せをもらうばかりで、何もお返しできなかったかもしれないんですが、本当にこの作品に出会えて、本当に心から幸せに、うれしく、そして誇りに思います。スタッフの皆さんの方が休めていないと思うので、とりあえず、ぐっすり寝てください。スタッフの皆さんが毎日、現場にいる姿が一番、私の心の支えだったので、心から感謝します。お疲れさまでした!」

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月21日のニュース