佐藤栞里 誕生日サプライズで思わず涙「一生の思い出です」

[ 2019年7月27日 19:25 ]

サプライズケーキを用意され、涙ながらに喜ぶ佐藤栞里(中央)。設楽統(左)と日村勇紀
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統(46)と日村勇紀(47)、女優の佐藤栞里(29)、永作博美(48)らが27日、東京・TOHOシネマズ日比谷で、日本語吹き替え版声優を務めたアニメ映画「ペット2」の公開記念舞台あいさつに出席した。

 夏らしく全員が浴衣姿で登場。設楽は「みんな浴衣で合っちゃったんですよね」とボケて笑わせた。イベントでは夏休みの思い出トークに花が咲き、佐藤は昨年の夏、北海道旅行で起きた悲劇的な出来事を告白した。「酪農場で牛を触っていたんです。子牛がいたので、駆け出したら、沼に両足が落ちたんです。そしたら、牧場の人が『それ、こえだめです』と。うんちさんにはまっちゃって…」。何とか脱出できたものの、「牧場の方に水をかけてもらったんですけど、その後(に乗った)レンタカーが臭くて、忘れられない思い出です」と苦笑いで振り返った。

 去年の夏はふんだりけったりの佐藤だったが、今年は忘れられない思い出ができた。この日は佐藤の29歳の誕生日。大きなスイカの模型をスイカ割りの要領で割ると、中から誕生日ケーキが出てくるという仕掛けが用意されていた。出演者と大勢のファンに祝福された佐藤は「この日に生まれてきてよかった。一生の思い出です」と涙を流して喜んだ。そのほか、伊藤沙莉(25)、内藤剛志(64)、宮野真守(36)、梶裕貴(33)、沢城みゆき(34)、中尾隆聖(68)が登壇した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月27日のニュース