たけし、吉本騒動に持論「どうせ、今騒いでるだけで、絶対元通りになるって」

[ 2019年7月27日 22:18 ]

タレントのビートたけし
Photo By スポニチ

 タレントのビートたけし(72)が27日、キャスターを務めるTBS「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・00)に生出演。詐欺グループへの闇営業問題に端を発した吉本興業の一連の騒動について言及した。

 宮迫博之(49)は先週行われた謝罪会見で、フライデーに掲載された金塊強奪犯との写真について「写真を撮っただけ」「ギャラはもらっていない」と発言。だが、26日に発売された同誌には野口被告の「5万円~10万円の入った封筒を受け取っていた」との証言が掲載され、両者の発言が食い違った。

 これに対したけしは「裁判に持ち掛ければ簡単な話じゃない」とバッサリ。「だって宮迫と会社が訴えて裁判にして写真誌が本当かどうかある程度、争った方がいいんじゃない」と続けた。

 「基本的には一番いいのはあれだよ、ある程度謹慎して、会社側がまた契約して、いつのもの通り、漫才師、お笑いの人を使うというのが普通だよ」と“原点回帰”を主張し「お笑いのヤツに慎めって言ったって無理だもん」と持論を展開。

 さらに「会社に、執行部に、会社の経営陣に反旗を翻す、芸人でそんなことしなくていいって。どうせ、今騒いでるだけで、絶対元通りになるって」と話し、所属芸人らの“辞める”発言については「吉本を出ていくってことはないと思うね」と断言した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月27日のニュース