さんま、宮迫が会見開いた理由に持論「自分の子供に伝えたかった」加藤の言動は「賛同できる」

[ 2019年7月27日 22:21 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(64)が27日、自身がパーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。事務所を通さない“闇営業”を反社会勢力との間で行った問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と、テレビで退社の意向を示してた極楽とんぼの加藤浩次(50)について言及した。

 さんまは、加藤の言動について「加藤の気持ちになれば、ああいう行動を取って正しいと思う。賛同できる」とコメント。

 宮迫の会見には「話がすり替わってややこしくなっているんやけど、宮迫が会見を開いたのは、世間に対してではなく、多分自分の子供のためにだと思う。俺も全世界が敵になっても、IMALUだけには信用してほしいと思う。(田村)亮もそう。我が子にだけは伝えたかったと思う」と持論を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月27日のニュース