木村拓哉明かす 次女Koki,がポツリ テレビでさんまを見て「最近会ってないよね~」

[ 2019年7月2日 14:12 ]

モデルのKoki,
Photo By スポニチ

 俳優の木村拓哉(46)が1日放送のMBS「明石家電視台」(月曜後11・56)にVTR出演。MCを務める明石家さんま(64)が自宅に来た際の、自身の次女でモデルのKoki,(コウキ、16)とのやりとりを明かした。

 レギュラー出演する「中川家」剛(48)が極秘に記してきた「さんま観察メモ」を見ていた木村。その中にあった「素人にも容赦ない」との言葉に反応し、さんまが木村家を訪問した際のエピソードを語り始めた。

 「娘が3、4歳だった時に来てくれたんです、夜に。そうすると、本人(娘)たちもリアクションとして、びっくりした顔をしてたんじゃないですか。その顔を見て『なんや、その“どないしたん”って顔』って」。幼かった娘に対しても容赦なかった瞬間を明かした。

 家族にとって、さんまは「すっごい面白い親戚のおじさん」のような存在なのだという。「娘はテレビを見ていて、さんまさんが出てたりすると『最近会ってないよね~』って普通に言う。『誰だと思ってんだ』って思うんですけど、ちっちゃいころから会っている人だから『最近会ってないよね~』って、よく言ってますね」。

 木村のこのトークに、さんまは「さっき言ってたのは、Koki,ちゃんの方、モデルさんの方」と説明。「ずっと、びっくり顔、びっくり顔って呼んでたんですけども、それがあんな美人に」と感慨深げに語り、「娘2人の成長をずっと見てきてるんで、不思議な感じ」と笑顔を見せた。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月2日のニュース