NHK謝罪 ドキュメンタリーで「事実と異なる出演者」“レンタル家族”の利用客 会社のスタッフが演じる

[ 2019年5月29日 18:15 ]

東京・渋谷区のNHK
Photo By スポニチ

 NHKは29日、国際放送「NHKワールド JAPAN」で昨年11月19日に放送したドキュメンタリー番組「Inside Lens」の出演者について、事実と異なる内容を伝えていたことが同局の調査で分かったと発表し、謝罪した。

 番組は、家族や友人などのレンタルサービスを行う会社を、実際に利用客にサービスを提供する様子などを交えて紹介。しかし、サービスの利用客として番組で紹介した男女3人は実際には客ではなく、レンタルサービス会社が用意したスタッフだった。

 会社の社長はNHKの調査に対し「スタッフに頼んで利用客を演じてもらった」などと話しているという。

 国際放送局がNHKエンタープライズに制作を委託している番組。アジアや日本で活躍中の外部ドキュメンタリー監督やディレクターらが提案した企画の中から採択。今回、取材・制作した外部のディレクターや窓口となったNHKエンタープライズの担当者は、取材・制作の過程で出演者の問題に全く気付かなかった。

 NHKは「番組の出演者について事実と異なる内容を伝えたことは極めて遺憾であり、視聴者の皆さまにお詫びいたします」と謝罪。「委託番組についても、チェックの精度を高めるなど再発防止に努めて参ります」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月29日のニュース