ヒロシ“怒りのツイート”の真意とは?番組から謝罪も「こんな大ごとになるなんて…」

[ 2019年5月29日 22:31 ]

お笑い芸人のヒロシ
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のヒロシ(47)が29日放送のフジテレビ系「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(水曜後10・00)に出演。同番組に対する“怒りのツイート”について言及した。

 5月22日、ヒロシは以下のようなツイッター上に以下のような投稿をした。

 「俺は一発屋だと言われるのが嫌で、頑張って今のクソ忙しい状況を作った。先日、俺の今の成功を純粋に密着したいと某番組からオファーを受けた。一発屋の内容ではないと。予告を観たらあの一発屋が大儲けという見出し。ガッカリだわ。全てではないが、テレビは安易で嘘が多すぎる。レベルが低すぎるわ」

 これは同番組の予告を見ての反応であることは確か。ヒロシの名を伏せた上での見出しとはいえ、“一発屋”のワードが躍ったことが不本意であったことは想像に難くない。このことはネットニュースにもなり、多くの人々に知られることとなった。

 番組収録後、番組スタッフがヒロシに怒りの理由を尋ねたところ、「みんなに一発屋って言われてるじゃないですか。そう思われてもしょうがないとは思うんですけど、僕はそこ(一発屋)から脱しようと思って仕事してるんですね。たまたま次週の告知を見てしまったんですよ」と苦笑交じりに答えるヒロシ。スタッフからの“一発屋という表現が納得いかない?”の質問には「(自分には)ファンの人が結構いるんですよね。その人たちにもみじめな思いさせる」と、あくまでも自分の気持ちだけではなく、ファンの気持ちをおもんぱかっての行動だったとしていた。

 それを聞いた番組スタッフは「(告知の文言への)配慮が足りなかったと思います」と謝罪。ただ、ヒロシは「こんな大ごとになるなんて…」と想像以上の反響に戸惑っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月29日のニュース