小栗旬、本田翼が初共演 新海監督最新作「天気の子」で声優

[ 2019年5月29日 05:30 ]

新海誠監督のアニメ映画「天気の子」で声優を務める小栗旬と本田翼はアフレコに臨む
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(36)と女優の本田翼(26)が新海誠監督(46)の最新アニメ映画「天気の子」(7月19日公開)で声優を務める。2人は演技の仕事も含め初共演となる。

 小栗は、主人公の高校生・穂高を雇う編集プロダクションの経営者・須賀圭介役。これまで「ONE PIECE FILM GOLD」(16年)など声優経験も豊富で、製作サイドのラブコールを快諾。新海監督の「君の名は。」を見た際は号泣したそうで「僕の等身大にとても近いキャラクターで、共感できる部分がいっぱいあるので、この出合いはとてもうれしい」と喜ぶ。

 一方、その編集プロダクションで働く女子大生・夏美役の本田はオーディションでの抜てき。「私たちの声の力で、この作品を盛り上げられたらと思います」と語った。

 新海監督は「彼らの声がキャラクターにはっきりとした血肉を与えていく過程を、ワクワクしながら楽しみました」と満足げだ。また、穂高とヒロインの陽菜にある頼み事をする老婦人・冨美役で倍賞千恵子(77)が「ハウルの動く城」以来15年ぶりに声優に挑戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月29日のニュース