川崎・登戸通り魔事件 テレ朝「徹子の部屋」休止し特別編成で報道

[ 2019年5月28日 12:13 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 28日朝、川崎市多摩区の路上で通学のバスを待つ小学生ら十数人が刃物で刺され、女子児童1人が死亡した事件。穏やかな朝の日常を一変させる惨劇を受け、テレビ各局が事件を報じる中、テレビ朝日も正午の「徹子の部屋」を休止して、報道を続けた。

 正午からの放送では、大下容子(49)小松靖(44)両アナウンサーが午前10時25分から放送した「ワイドスクランブル!」に続き出演。大下アナが「この時間は『徹子の部屋』を変更して、きょう午前、神奈川県川崎市で起きた通り魔事件についてお伝えします」とアナウンスし、事件の詳細について報じた。

 「徹子の部屋」公式サイトでも放送休止を発表し「報道特別番組のため放送を休止します。放送を予定していた東海林のり子さんの回につきましては、放送日が決まり次第、番組HPなどでお知らせいたします」と伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月28日のニュース