新元号でも郷GO! 5.15発売新曲タイトルは“ジャパン”前面に お祭りソングで盛り上げる!

[ 2019年4月1日 05:30 ]

新元号1日発表

来月発売の新曲で新たな“ジャパン”を盛り上げる郷ひろみ
Photo By スポニチ

 昭和、平成と芸能界を歩んできたスーパースターが、新時代への思いを語った。歌手の郷ひろみ(63)は新元号について「楽」「美」など音楽や和を感じさせる漢字に期待を寄せた。

 新元号は想像もつかないですけど、使われたらいいなと思う漢字は「楽」「清」「正」「美」「夢」です。やっぱり音楽、そして楽しい時代になってほしい。清く、正しく、美しくは、日本人らしい心の持ち方。最後は、いつまでも夢を持って挑戦を続けたい。そんな思いを込めました。

 新元号は日本人にとって、とても意味深いものになることは間違いないと思います。僕は新たな意識や野望を持って、今年も駆け抜けていきたい。その気持ちが、今後の何年もの自分を形づくるのだと思っています。

 平成はあっという間に過ぎてしまったというのが正直な気持ち。「GOLDFINGER’99」という素晴らしい楽曲にも出合えた。音楽が大きく変化した時代と捉えているけど、僕は僕にしか歌えない歌を、これからも歌っていくんだと自覚することができた。

 5月15日に発売になる新元号で最初の新曲では、思いっきり「日本」という国を意識した。タイトルも「Jan Jan Japanese」(5月15日発売)なので、新たな時代の“ジャパン”になることは間違いないと思っています。このお祭りソングで、新たな時代のジャパンを盛り上げますよ。ゴーゴー新元号!GO、GO、GO~!(談)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月1日のニュース