MALIA. 4度目の離婚を報告 第4子出産から7カ月も…「簡単な決断だった訳ではありません」

[ 2019年4月1日 17:35 ]

モデルのMALIA.
Photo By スポニチ

 モデルのMALIA.(36)が1日、自身のブログを更新。2017年11月に“4度目婚”した元Jリーガーでファッションモデルの三渡洲舞人(26)と離婚したことを発表した。

 「この度、私MALIA.は三渡洲舞人さんと話し合いの結果、結婚生活を円満に解消することに致しました。私の最愛なる子供たちともしっかり話し合い、このような結論になりましたことを、ご報告いたします。これからの未来を、神さまから授かった4人の子供たちの事を最優先に、大切に守りながら生きていこうと思っています」と報告した。

 MALIA.は2001年に当時J1横浜でプレーしていたDF田中隼磨(36=現J1松本)と結婚して男児を出産するも04年に離婚。翌05年には昨年9月に亡くなった総合格闘家の山本“KID”徳郁さん(享年41)と再婚して1男1女をもうけたが、09年に再び離婚した。15年元日には当時J1横浜でプレーしていたMF佐藤優平(28=現J2東京V)と3度目の結婚をするも17年3月に離婚。同年11月に4度目の結婚をし、昨年8月に第4子となる男児を出産したばかりだった。

 「波乱万丈で頼りない母かも知れませんですが、私自身決して簡単な決断だった訳ではありません」としたMALIA.は「1人の母として頑張っていきますので、どうか変わらず見守って頂けますと幸いです」としている。

 三渡洲は13年にJ2東京Vに所属。父もかつて清水でプレーした元Jリーガーの三渡洲アデミール氏(51)で、MALIA.とは対照的に今回が初婚だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月1日のニュース