堀ちえみ 11時間の舌がん手術終了、金スマではヒット曲歌唱

[ 2019年2月23日 05:30 ]

堀ちえみ
Photo By スポニチ

 ステージ4の舌がんを患っていることを公表したタレントの堀ちえみ(52)が22日、都内の病院で患部の摘出手術を受けた。同日午後10時すぎに夫が堀のブログで「手術が無事に終わりました」と報告。25日まで集中治療室(ICU)に入ることを明かした。

 手術は午前11時から11時間に及んだ。耳鼻咽喉科、口腔(こうくう)外科、形成外科による執刀チームはまず、腫瘍が転移した左首のリンパ節を摘出。続いて舌の6割を切除し、太腿の皮膚を移植して舌を再建した。

 夫は「手術後はICUに入り、今はゆっくり休んでいます」と報告。「皆さまからの心温まるコメント、励みになったと思います」と感謝もつづった。堀は手術前の午前、ブログに「克服できた後の自分をイメージ。やりたいこと、たくさんある!夢だって、いっぱい持ってる!」と明るく心境をつづっていた。

 この日、16日に収録したTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」が放送された。堀は「ご飯を食べるのも、しゃべるのも痛い」と説明。手術を6日後に控え「もしかしたら歌うことも、しゃべることもできなくなるかもしれないので、歌っておきたい」と、85年のヒット曲「リ・ボ・ン」を歌った。デビュー40周年を迎える2022年にステージ復帰するのが目標といい「この気持ちを忘れずに闘病したい」と、振り付けを交えて元気よく歌い切った。

 番組では、収録日に偶然局内にいたデビュー同期の親友、早見優(52)に病気を告白したことも明かされた。また19日に入院先の病院に向かう様子も流された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年2月23日のニュース