岸部一 が娘役の木竜麻生にエール「大成してほしい」 母親役の原日出子はサプライズの手紙

[ 2018年11月18日 05:30 ]

「鈴木家の嘘」の公開記念舞台あいさつを行った(左から)野尻克己監督、岸本加世子、木竜麻生、岸部一徳、原日出子、加瀬亮、大森南朋
Photo By スポニチ

 岸部一徳(71)や原日出子(59)、加瀬亮(44)ら映画「鈴木家の嘘」(監督野尻克己)の主要キャストが17日、東京・シネスイッチ銀座で公開記念の舞台あいさつを行った。

 長男の突然の死によって生じる家族の混乱と再生を描いた作品。先ごろの東京国際映画祭で“輝く若手女優”に贈られる「東京ジェムストーン賞」に輝いた娘役の木竜麻生(24)に鈴木家の家長を演じた岸部が「映画女優として大成してほしい」とエールを送れば、母親役の原は「心で芝居ができる素敵な人」などと書いた手紙をプレゼント。思わぬサプライズ演出に木竜は涙をこらえることができなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月18日のニュース