松本人志 NHKに仰天提案“歌ってはいけない紅白”「日テレと合同でやったら」

[ 2018年11月18日 10:49 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が18日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。NHK紅白歌合戦の司会について言及した。

 平成最後となる今年の紅白歌合戦はDA PUMPなどの復活組が目立つ顔触れ。乙武洋匡氏(42)は「(DA PUMPは)うれしいですね、同世代なので」としながらも「ただ、全体的にここ数年、若い人に媚びすぎかなと思っている。お年寄りが楽しめるメンバーなのかなと思う」と苦言。松本も「バランスなんて考えなくてもいいと思うけどね、紅白は」と見解を示した。

 ピアニストの清塚信也氏(36)は「YOSHIKIさんはピアノを弾く身としてはいいなという気持ちはありますけど、僕は先に、笑ってはいけないのほうに出たいです」と松本がダウンタウンとして出演する日本テレビ「絶対に笑ってはいけない」シリーズへの出演を熱望。これには、松本も「あれは去年で終わっちゃったんでね」とジョークで返しつつ、「なんやったら、合同でさせてほしい。日テレと合同でやったら良くないですか?“歌ってはいけない紅白歌合戦”とか、五木アウト!って。平成最後なので、それあっても良かったのかなって」と仰天提案で笑わせた。

 「ウッチャンナンチャン」の内村光良(54)が2年連続で総合司会を務めるが、松本は「僕も総合司会断ったんで、頑張ってほしい。断った分、気にはなっている」とニヤリ。元NHKアナウンサーの神田愛花(38)からは「もしオファー来たらどうするんですか?」と直球の質問も。松本は裏番組に出演しているという事情を踏まえ、「できるわけないよね。最悪の視聴率出すと思うよ。ていうか、俺、司会なんかやったことない。人を仕切るとか絶対にできない」とキッパリ。ダウンタウンとしてのオファーだとしても「いや〜ないやろ。ないないない、今年も嫌いな芸人の1位ですよ、ダントツで1位なんすよ」と自虐トーク。東野幸治が「そう言われた時に名前が出てきやすいというか…」とフォローを入れるも、松本は「嫌いな時に出てきやすいって…ほんまに嫌いやねん。常にここ(頭に)嫌いと思ってるやん」と困り顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月18日のニュース