左足首骨折の稲村亜美 ギプス姿でイベント登場 あす手術、年内の神スイング「ギリギリ見られるかも」

[ 2018年11月18日 11:28 ]

「2019年カレンダー発売イベントに登壇した稲村亜美
Photo By スポニチ

 タレントの稲村亜美(22)が18日、都内で「2019年カレンダー発売イベントに登壇した。稲村は10日に左足骨折していたことを明かし、多くのファンから心配の声が寄せられていた。この日はギプスをつけた左足を浮かせ、右足で軽くジャンプしながら登場。痛々しい姿ながらも、持ち前のガッツでさわやかな笑顔を振りまいた。

 稲村は「私の不注意で夜道で転んで折ってしまいました」と説明し「まさか折れているとは…」と心境。骨折したのは「左の足首のくるぶしあたり」で、関節に近いため、手術する必要があるという。「左足以外は元気なので、みなさんからパワーをもらおうと思って、この日を心待ちにしていました」と明るい笑顔を見せた。

 今後については「今日の夜に入院して、明日手術を受けます。退院は2日後くらいです」と説明。手術してから、足がつけるようになるには3週間くらいかかるという。年内に神スイングは見られるかという質問には「ギリギリ見られるかも。牛乳、ヨーグルト、よい睡眠をたくさん摂って、早く回復して、走りたいです」と話した。

 稲村は今年の目標として「バック転ができるようになること」を掲げていたがそれも不可能に。来年こそは「バック転ができるようになって、忘年会を盛り上げたい」意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月18日のニュース