城桧吏「西郷どん」西郷菊次郎ゆかりの京都訪問「写真も見せていただき、より身近に感じた」

[ 2018年11月18日 17:09 ]

西郷菊次郎ゆかりの地、京都を訪れた城桧吏。NHK京都のキャラクター「ねこまる」を手に写真に納まる(C)NHK
Photo By 提供写真

 NHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜後8・00)で主役・西郷隆盛の息子、西郷菊次郎を演じる俳優の城桧吏(じょう・かいり、12)が、京都市長を務めた菊次郎ゆかりの地を訪問。京都市・琵琶湖疏水記念館を訪れ、門川京都市長と対面した。

 疏水記念館のほか、霊山歴史館、角屋もてなしの文化美術館を訪問。「三カ所とも歴史ある場所で、とても綺麗でした。西郷菊次郎が京都でどんなことをしていたのかも学ぶことができ、京都が好きになりました。疏水記念館では、菊次郎の写真も見せていただき、より身近に感じましたし、実在する人物だったんだなと改めて思いました」とコメントした。

 西郷隆盛(鈴木亮平)と愛加那(二階堂ふみ)の間に生まれた菊次郎は、9歳で奄美大島から薩摩に渡り、継母となった糸(黒木華)に育てられる。その後、米国へ留学。日清戦争終了後、台湾での職務を経て京都市長に就任する。城は菊次郎について「最初はあまりよく知らなかったのですが、菊次郎を演じながら歴史を学ぶと、いろんなところで活躍していた凄い方だったのだなと知ることができて楽しかったです。菊次郎を演じることができて、本当に嬉しかったです」と語った。

 菊次郎が市長の任についた京都の印象を聞かれると「京都は何回か来ていて、もちろん好きな街ですが、これまでは“京都行く?”って聞かれたら“うん、行く”って感じでしたが、次に“京都行く?”って聞かれたら“はい!行きます!!”って言います(笑い)。京都に行きたい気持ちが、より強くなりました」と街への思いを明かした。

 城は、自身の今後について「幕末のドラマもまたやってみたいです。歴史の人物を演じるのはとても楽しいので、すごくやりたい」と力強く語り、「『西郷どん』では、僕の出番は終わってしまいましたが、この後も西郷菊次郎のことも分かるし、すごく勉強になるので、最終回まで是非見てほしいです」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月18日のニュース