森三中・大島“交際0日婚”の真相 最初は反発「なんでそんな知らない人と」

[ 2018年11月17日 11:05 ]

「森三中」の大島美幸
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「森三中」の大島美幸(38)が16日放送のTBS系「A−Studio」(金曜後11・00)に出演。夫で放送作家の鈴木おさむ氏(46)との「交際0日婚」の真相について語った。

 02年に鈴木氏と結婚したが、交際0日でのゴールインは当時、周囲を驚かせた。「旦那がふざけて『大島とだったら結婚してもいい』って言っていて、私は『ああ、そうですね』と答えていた」と大島。互いに冗談の上でのやりとりだと考えていたが、相方の村上知子(38)と黒沢かず子(40)は本気だった。

 鈴木氏は当時、美人で性格の良い女性と付き合っていたといい、そのため村上が鈴木氏に「気軽に言わないでください。大島がかわいそう。大島と結婚するなら(その女性と)別れなきゃだめ。別れられないなら結婚だなんて言わないでほしい」と直訴。村上によると、その言葉に鈴木氏が立腹し、交際女性とは別れたのだという。

 しかし、当の大島は大焦りで「私は、イヤだ。なんでそんな知らない人と結婚しなきゃいけないんだ。イヤだよ。自分の戸籍が変わるんだよ」と反発したと告白。それでも結婚し、その後長男にも恵まれたことで、MCの笑福亭鶴瓶(66)からは「でも、ええ結婚やで、子供もできてかわいいやんか…」と祝福されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年11月17日のニュース