【来週のまんぷく】第8週 焼け野原の中、栄養失調で倒れる人々 萬平は新規事業を思いつく

[ 2018年11月17日 13:00 ]

連続テレビ小説「まんぷく」第8週は「新しい冒険!?」。出来上がった塩をチェックする萬平(長谷川博己)ら(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の安藤サクラ(32)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月〜土曜前8・00)は11月19日から第8週に入る。

 朝ドラ通算99作目。大河ドラマ「龍馬伝」、フジテレビ「HERO」「ガリレオ」「海猿」などのヒット作を手掛けた福田靖氏のオリジナル脚本。インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代の大阪で明るくひたむきに生き抜く福子(安藤)とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平(長谷川博己)の波乱万丈の物語を描く。

 第8週(11月19日〜11月24日)は「新しい冒険!?」。

 福子は臨月を迎えていた。元々、製塩所で働く従業員たちの世話の大変さに不満をもっていた鈴(松坂慶子)は、身重の福子の分まで働かざるを得ず、我慢の限界に。ある日、萬平とのささいな口論をきっかけに鈴は家を飛び出してしまう。福子と萬平は鈴を探すものの見つかない。その途中、萬平の目に止まったは、戦後の焼け野原で食う物に困り、栄養失調で倒れている人々。それを見た萬平は、困っている人々を救うある新規事業を思いつく。そんな時、ついに福子に陣痛が…!

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年11月17日のニュース