BTS“原爆ブルゾン”発覚 3年前公演で流れた映像で着用

[ 2018年11月12日 05:30 ]

“原爆ブルゾン”を着るリーダーのRM(youtubeから)
Photo By スポニチ

 韓国の7人組「BTS(防弾少年団)」が、2015年の公演の中で流した映像で、Tシャツと同様、原爆のきのこ雲がプリントされたブルゾンを着ていたと11日、インターネット上で指摘された。「今度は原爆ブルゾンか」などと批判的な書き込みが相次いでいる。

 ブルゾンを着用していたのは、リーダーでラップ担当のRM(アールエム=24)とみられる。今回のブルゾンにはTシャツにあった「愛国心」などのメッセージはなく、同じデザイナーによるものかは不明だが「意図的と思わざるを得ない」と指摘する書き込みもあった。

 Tシャツ騒動ではテレビ朝日がBTSの音楽番組出演を前日にキャンセル。NHKは検討していた紅白の出演オファーを見送るなど大きな影響が出ている。騒動についてメンバーはこれまで口を開いていない。13日には、東京ドームで4大ドームツアーが開幕。何らかのコメントをするか注目される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月12日のニュース