西内まりや インスタDMで仕事オファー届き「びっくり」 久々の芸能イベントで笑顔、今後は音楽中心で

[ 2018年11月12日 14:16 ]

「シャンパーニュ メゾン マム」プレスイベントに出席した西内まりや
Photo By スポニチ

 歌手でモデルの西内まりや(24)が12日、都内で行われた「シャンパーニュ メゾン マム」プレスイベントに、陸上男子100メートル、200メートル世界記録保持者ウサイン・ボルト氏(32)とともに出席。西内は3月いっぱいで所属事務所を退所し、フリーとなったことを公表後、初めての芸能イベントへの出演となった。

 西内は赤のロングドレス姿で登壇。「こうして皆さんにお伝えできるのは久しぶりになってしまったんですけど」と前置きしたうえで、「今の時代は本当に大きく変化している時代だと思う。当たり前が当たり前じゃない時代です。皆さんの心の中にある声だったり、新たな発想を大切にして突き進んでいっていただきたい。私もなんですが、紆余曲折な人生だったり、すごく平坦な道だったりとか、最後には自信を持って、自分の人生を誇りに思える人生を歩んでいけたら」とメッセージを送った。

 同日からスタートする「メゾン マム」のグローバルキャンペーン「WHAT’S YOUR NEXT VICTORY」で、新たな挑戦を開始した人、日本のアンバサダーとしてキャンペーン動画に出演している西内。今回のキャンペーンへの参加には「純粋にただただ光栄で、私のインスタグラムのDMに直接、フランスの方から依頼をいただいたので驚いた。普段からマムは飲んでいたので、凄く嬉しく思います。びっくりしますよね」と笑顔。動画の撮影には「実際にパリの工場での撮影だったんですけど、シャンパンの温度を保つために、部屋が低温に保たれていて、歴史を感じられたのは神秘的な時間だったなと。凄く楽しい撮影でした」と振り返った。

 動画では「私の新たな挑戦は世界で活躍することです」と語っているが、「やっぱり今後は音楽を中心的に作っていきたい。そのためにも国境を超えて、日本以外の方にも広げていきたい。そのために、さらに英語をもっともっと勉強しているところです」と話した。ともに登壇したボルト氏に自慢の英語で語りかける姿も見られた。

 西内はボルト氏に「大変な時にどのようにモチベーションを保っていたのか?」と質問。「自分に自信を持って、自分は何でもできると思うこと」とアドバイスを受けると、西内は「私自身もパワーをもらった。国境を超えて、たくさんの方にエンターテイメントを作っていきたい」と前を向いた。

 西内は昨年10月に所属事務所社長を平手打ちするなどして事務所側とトラブルになり、3月いっぱいで契約満了に。今年7月20日にインスタグラムで「実は一度、表現する道を歩むことを諦めようと考えたのですが、何度も心と話し合い、もう一度チャレンジしたいと思いました」などとつづり、芸能活動再開を発表。9月からモデルの仕事を再開したことも明かしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月12日のニュース