倉科カナ 主演映画「あいあい傘」待望公開に感涙「熱い思い込めた作品」

[ 2018年10月27日 05:58 ]

主演映画「あいあい傘」の初日舞台あいさつで目を潤ませる倉科カナ
Photo By スポニチ

 女優の倉科カナ(30)が26日、都内で主演映画「あいあい傘」の初日舞台あいさつを行った。

 25年前に家を出て行った父親と娘が再会を果たす感動作。撮影は昨夏で、倉科は待望の公開に「皆が熱い思いを込めた、絶対に見る価値のある作品。たくさんの人の心に、ほんのりでもいいから温かい明かりをともしたい」と感激の面持ちで話し、そっと目元を拭った。他に市原隼人(31)、立川談春(52)、原田知世(50)、宅間孝行監督(48)が登壇した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月27日のニュース