PR:

麻央さんに麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」偲ぶ会でスピーチ

小林麻央さんを「偲ぶ会」の出席者に配られたフォトブック
Photo By スポニチ

 昨年6月22日に乳がんのため亡くなった小林麻央さん(享年34)を「偲(しの)ぶ会」が23日、都内で行われた。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(40)、長女の麗禾ちゃん(6)、長男の勸玄君(5)ら家族のほか、麻央さんの友人や仕事仲間ら200人以上が出席。姉でフリーアナウンサーの小林麻耶(38)は悲しみをこらえ、ユーモアあふれるスピーチを披露した。

 天国の妹に語り掛けるような、優しい口調だったという。非公開で開かれ、麻央さんの友人や仕事仲間らが多く集まった会。関係者によると、麻耶はスピーチで「私と海老蔵さんが付き合っているとか、私が振られたということになっちゃってる」と週刊誌などでの報道に触れ、「そういう報道が出ないように、麻央ちゃん見守っていてね」と話して笑いを誘った。

 明るく、食べることが大好きだった麻央さん。麻耶は「ピザとかジャンクフードが好きでした。食べる時に麻央を思い出してください」と出席者に呼び掛けた。

 会場では麻央さんの写真が大きなモニターに映し出され、出席者がピンクや黄色のカーネーションを次々に献花。麻央さんの活躍をまとめた映像が流れると、麗禾ちゃん、勸玄君は泣きながら、ママの姿を見守った。中には家族も見たことがない未公開映像もあり、「勸玄が大きなイチゴを一人で食べたの」と喜ぶ麻央さんの笑顔に海老蔵は目頭を押さえていたという。

 会の最後にあいさつを行った海老蔵は「本当は通夜や告別式に合わせてこういう会をやるべきだったのですが、私にも家族にもそういう余裕がなくて。だけど、1年たった今だからこそのこの会なんです」と思いを吐露。「自分が一番つらい時にも、私を支えたいと言った彼女の強さ。やっぱり素晴らしい人だった」と亡き妻に感謝した。

 出席者は「しめやかな中にも笑顔があふれる温かい会でした」と明かした。

[ 2018年6月24日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月19日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル