木梨憲武 岡村隆史らと爆笑トーク、かつての“夜遊び”も暴露

[ 2018年4月21日 06:00 ]

関西テレビ「おかべろ」で共演する木梨憲武(左)と岡村隆史
Photo By スポニチ

 関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・27)の21日放送分に「とんねるず」木梨憲武(56)がゲスト出演。岡村隆史(47)、田村亮(46)と爆笑トークを展開した。

 「変な緊張感が漂ってるで〜!」と、大先輩・木梨の登場に緊張気味の岡村と亮。木梨はスーツ姿の男性とともに登場した。通常はマネジャーなど関係者を連れてくるゲストが多いのだが、木梨は自宅の隣に住む85歳の一般男性を連れてきたため、岡村、亮とも驚いた。「芸能人ではない方、ということで、誰か迷ったんだけど」と木梨は説明した。

 木梨は自身の私生活について明かした。普段は午前6時から庭の掃除をしているそうで「午後7時半に寝て、午前2時半から起きたこともある」とナゾの行動に岡村も再度、驚いた。ただ、若かりし頃に「突然電話がかかってきて“集合”と言われ、六本木で飲んでいた」と木梨のかつての“夜遊び”を岡村が暴露し、笑いを誘った。

 木梨と岡村は、かつての人気番組「ねるとん紅鯨団」で初共演してから親交が始まったそうで、フジテレビ・関西テレビ系「笑っていいとも」の最終回の際に、仲のいい落語家・笑福亭鶴瓶(66)を一緒に驚かせようと画策したエピソードも披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年4月21日のニュース