「俺、クズだな…」山里亮太、押さえ切れなかったしずちゃんへの嫉妬心

[ 2018年4月21日 12:43 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太(左)と山崎静代
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(41)が20日放送のTBSのトーク番組「A―Studio」(金曜後11・00)に出演。相方のしずちゃんこと、山崎静代(39)へのコンビへの思いに「俺、クズだなって」ともらした。

 山里は「絶対にこの子を相方にしたら売れると思ったけど、コンビ組んでるし…。しかも、狙ってたのは僕だけじゃなかった。僕を含めて4人、狙っていたのがいて…」と山崎との出会いを回顧。その頃、女性の相方とともに東京進出を考えていたという山崎は「山ちゃんにケーキバイキングに誘われて、『今、東京に行っても若手の枠ないし、出番がないって知り合いの有名なプロデューサーに教えてもらった』って言ってたんです。それを信じて…全部ウソだった」と山里がウソで引きとめ、人気コンビが誕生したことを明かした。

 そんな2人はコンビ結成2年目の2004年、M−1グランプリで準優勝し、ブレーク。当時を振り返り、山里は「自分でも思います、凄いです」とどや顔。ただ、この後、山崎が映画「フラガール」(2006年)に出演するなど、女優としてもドラマ、映画、CMにと人気者になった。山里は「コンビ結成して、しずちゃんが先にドン!と売れましたから、そこからは嫉妬の鬼になってました」と苦笑。山崎も「全然知らなくて。まさかフラガールが決まりそうになっているところを裏で止めようとしているなんて全然知らなかった」。山里も「もみ消そうとしました」とクズエピソードを明かし、笑わせた。

 山里は山崎への嫉妬のあまり先輩などに愚痴をこぼしていたとし、「一度先輩から怒られたことがある」と告白。「納得いかない、あの女は。俺が書いたネタで、自分だけドラマだ、CMだといろいろ出て、何の感謝もなくやっている。いいっすよ、解散しても」と山崎への不満をぶつけたという。すると、その先輩から「いい加減にしろ!と(言われた)。しずちゃんに会って、山里を見捨てないでくれ!と話したら、(しずちゃんが)『私から解散を言うことは絶対にありません。私がここにいるのは山ちゃんが拾ってくれたあの時があるから。私は大丈夫です!』と言われた」とし「めちゃくちゃ怒られた」と苦笑。

 さらに「フラガール」のエンドロールに、「山里静代(南海キャンディーズ)」と表記されていることについて「南海キャンディーズという看板を背負って活躍したら、南海キャンディーズに返ってくる」という山崎の思いで表記してもらったものだと聞き、「一番すげーなと思った」とポロリ。それを聞いた番組MCの笑福亭鶴瓶(66)も思わず「どう思ったんだ、このクズ野郎!」とぶつけ、山里も「師匠、心の声が出ちゃってます」と突っ込みつつ「俺、クズだなって思いました」と続け、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年4月21日のニュース