今田耕司 かつてのストーカー体験告白「『神様のお子をお授けください』って」

[ 2018年4月21日 16:53 ]

今田耕司
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の今田耕司(52)が21日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。かつて受けた恐怖のストーカー被害体験を明かした。

 番組では、元タクシー運転手の男が女優の菊池桃子(49)のストーカー行為で逮捕された事件について取り上げた。事件の概要を説明する中、今田は「これは怖いわぁ…めっちゃ怖い」とポツリ。被害から逃れるためには「引っ越すしかない」という意見がスタジオから出ると、「なんで引っ越さなあかんねん」と怒りを露わに。今田は「男でも怖い。家に帰ったら大量のお好み焼きがドアノブにかかってたら怖いって」とかつて自身が受けたストーカー被害を告白した。

 今田によると、相手の女性は今田の自宅マンションの部屋まで押しかけてきたといい、「横の非常階段から出てきて、うわーってなった」と顔をしかめた。相手については「ファンやったけどわからん」とし、「収録見に来て、収録中に東野さんとジュニアさんは見なかったけど、今田さんだけはぱっと見たんですけど…何が見えたんですか?」と話しかけられ、、今田は「やべーやつだ!って(思った)」と恐怖の会話を回顧。「説得したけど、あかんかったから、最後は警察呼んだ」と続けた。

 さらに、郵便受けに赤ちゃんの靴下のようなものが入っていたといい、「俺のことを“神様”って呼び出して、『神様のお子をお授けください』って(書いてあった)」と苦笑。「怖かったですよ、男子でも。向こうはどんどん感情がエスカレートしていく」とストーカーの恐怖を熱弁した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年4月21日のニュース