AKB“インスタグアマー”就任 グアムの魅力発信、来春ライブも決定

[ 2017年12月4日 05:30 ]

グアムのビーチで水遊びをするAKB48グループの(左から)荻野由佳、朝長美桜、入山杏奈、山本彩、太田夢莉、古畑奈和
Photo By 提供写真

 AKB48のメンバーが、グアム政府観光局の18年度キャンペーンキャラクターに起用された。「#インスタグアム」と題して、メンバーが写真共有アプリ「インスタグラム」を活用し、観光地としての魅力を世界の人々に伝えていく。

 山本彩(24)ら6人は11月30日から12月2日まで滞在して準備。現地で取材に応じた山本は「“インスタグアマー”としてグアムの魅力の発信に努めていきたい」と語った。入山杏奈(22)は「グアムは“インスタ映え”するスポットばかり。どこで写真を撮っても、澄んだ青空がバックにある」とPRした。来年の春にはグアムで48グループの選抜メンバーがライブを行う予定だ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2017年12月4日のニュース