はしだのりひこさん死去 「悲しくてやりきれない」「花嫁」などがヒット

[ 2017年12月2日 15:15 ]

亡くなったはしだのりひこさん(中央)。1968年、「ザ・フォーククルセダーズ」時代の写真
Photo By スポニチ

 「悲しくてやりきれない」「帰って来たヨッパライ」などのヒット曲で知られる「ザ・フォーク・クルセダーズ」のメンバーだった歌手のはしだのりひこ(本名・端田宣彦)さんが2日、死去した。72歳だった。

 はしださんはきたやまおさむ(71)、亡くなった加藤和彦さんとともに1965年に「ザ・フォーク・クルセダーズ」を結成。その後、別グループで「風」「花嫁」がヒットした。1971年には「はしだのりひことクライマックス」としてNHK紅白歌合戦に初出場した。

 10年ほど前から闘病生活を続けていたが、今年4月には京都での音楽イベントに車いす姿で参加していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年12月2日のニュース