「ヒルクライム」DJ KATSU大麻逮捕 09年「春夏秋冬」オリコン1位

[ 2017年12月2日 05:30 ]

「Hilcrhyme」で「DJ KATSU」として活動する斎藤桂広容疑者
Photo By スポニチ

 ヒップホップユニット「Hilcrhyme(ヒルクライム)」で「DJ KATSU」として活動する斎藤桂広容疑者(38)が1日、大麻取締法違反(所持)の疑いで静岡県警南署などに現行犯逮捕された。

 逮捕容疑は新潟市中央区の自宅で乾燥大麻1袋、自身が経営する市内の会社事務所で4包みを所持した疑い。斎藤容疑者の薬物に関する情報があり、県警が自宅などを家宅捜索した。昨年11月に静岡市内でライブに出演した際、滞在したホテルに大麻を置き忘れたとの情報もある。県警によると、本人は容疑を認めているという。

 ヒルクライムは、斎藤容疑者とTOC(36)による新潟県出身の2人組。2009年にデビューし、同年の2枚目シングル「春夏秋冬」がオリコンデイリーチャート1位、インターネット配信で300万ダウンロードを記録するなど大ヒットした。今年11月22日に22枚目のシングル「涙の種、幸せの花」を発表したばかり。

 現在はファンクラブ会員限定のツアーを展開中で、11月29日には大阪でライブに出演。今月5日は地元の新潟で、7日には東京でライブを開催する予定となっていた。

 契約するレコード会社ユニバーサルミュージックは「事実関係を確認中でコメントできない」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2017年12月2日のニュース