11度目のブラピ「誇りに思ってる作品」

[ 2017年5月22日 15:43 ]

来日記者会見に登場したブラッド・ピット
Photo By スポニチ

 米俳優のブラッド・ピット(53)が22日、都内でNETFLIXの映画「ウォー・マシーン 戦争は話術だ!」(26日配信)の来日記者会見を行った。

 映画「フューリー」以来2年6ヶ月ぶり11度目の来日。上機嫌でステージに上がり「戻って来られてうれしく思います。いつも日本ではみなさんが温かく優しく歓迎してくれるのでうれしい」と笑顔を見せた。東京で過ごす夜を楽しみにしているようで、質疑応答の際には「夜、何食べようかな?って考えてたので、質問を一瞬忘れました」とジョークを飛ばして、報道陣の笑いを誘った。

 同作で誰も望まない戦争の駐在軍司令官に任命された将軍を演じる。ユニークな演技を見せているが、「戦争の滑稽さ、愚かさを見せるために将軍自体の滑稽さ、愚かさを見せたいと思って作り上げていった」と役作りについて明かし「誇りに思ってる作品なので、楽しんで下さい」と同作をアピールした。離婚申請中の女優アンジェリーナ・ジョリー(41)との話には触れなかった。

 会見には他に同作の監督・脚本を担当したデヴィッド・ミショッド氏、プロデューサーのデデ・ガードナー氏、ジェレミー・クライナー氏も登壇した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年5月22日のニュース