がん患者は働かなくていい…坂上忍、大西議員に不快感「いい迷惑」

[ 2017年5月22日 14:07 ]

俳優・坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(49)が22日、フジテレビ系「バイキング」(月〜金曜前11・55)で、受動喫煙防止対策の強化をめぐって国会議員が発したヤジについてコメント。喫煙者の立場から、ヤジを飛ばしたとされる大西英男衆議院議員を「いい迷惑。黙っていてほしい」と批判した。

 15日に開催された自民党厚生労働部会で、子宮頸がんを患った経緯を持つ三原じゅん子衆議院議員ががん患者が望まない受動喫煙への対策を求めたところ、「(がん患者は)働かなくていいんだよ」との発言があった。ヤジは大西から飛ばされたもので、同氏は当初ヤジを否定していたが最終的には認め、自身の公式ホームページ上で「そういう趣旨で発言していない」などと記した。

 「バイキング」と「直撃LIVE グッディ」のリレータイムではこの問題を取り上げ、安藤優子キャスターが経緯を説明。大西氏が「そういう趣旨では…」と釈明したことについて、坂上は「そこらへんが潔くないというか、謝るんだったらきっちり謝りゃいいと思う」と話した。

 また、自身が喫煙者であると話した上で「なんとか(周囲に)迷惑がかからないように、ルールに則って、吸わせてくださいって思っている」と喫煙時の配慮についても明かし、「こういう方(大西氏)が出てきてしまうと、喫煙者としていい迷惑。本当に黙っていてほしい」と不快感を隠さなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年5月22日のニュース