関ジャニ初の野外フェス出演!ファン不在“アウェー”盛り上げた

[ 2017年5月22日 04:30 ]

 関ジャニ∞が21日、東京都江東区の若洲公園で開催された「メトロック2017」で、初の野外ロックフェス出演を果たした。全員が楽器を持つバンドスタイルで「ズッコケ男道」「勝手に仕上がれ」など全10曲を披露した。

 村上信五(35)が「いつもはテレビでバカやったり、ふざけたりしているけど、今日は純粋に音楽を届けにきました!」と絶叫。普段のライブなら黄色い歓声が飛ぶところだが、この日の反応は薄め。すでに公演のチケットが完売した後に出演が発表されたため、ほとんど関ジャニファンがいない状態の中でのライブ。それでも次第に会場は盛り上がり、最後は観客の大半が体を揺らした。

 ライブ後に取材に応じた7人は「いい経験ができました」と満足そうな表情。大倉忠義(32)は「また呼んでもらえるようにもっと演奏力を高めたい」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年5月22日のニュース