超特急カイ 映画「東京喰種」で初大役 ソロ活動も止まらない!

[ 2017年5月22日 05:45 ]

映画「東京喰種 トーキョーグール」に出演する超特急のカイ
Photo By 提供写真

 男性7人組「超特急」のカイこと小笠原海(22)が、大ヒット漫画を実写化する映画「東京喰種 トーキョーグール」(監督萩原健太郎、7月29日公開)に出演する。累計発行部数1800万部を突破した、石田スイ氏の大ヒット同名漫画が原作。人間の姿をしながら人を食らう怪人「喰種(グール)」が紛れ込んで暮らす東京を舞台に、半喰種になってしまった大学生のカネキ(窪田正孝)の運命を描く。

 カイが演じるのはカネキの親友ヒデ役。活発な性格で原作でも人気のキャラクターだ。これまでグループのメンバー全員で出演した映画はあるが、メジャー作品の大きな役で出演するのは初めて。「僕自身、東京喰種のファンなので今回のお話を心から光栄に思います。何があってもカネキの味方でありたい、という気持ちで演じさせていただきました」と話している。

 超特急は新曲「超ネバギバDANCE」でグループ史上初のオリコンチャート1位を獲得。この勢いに乗って、メンバー個々の活動は今後ますます充実していきそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年5月22日のニュース