くりぃむ有田、連ドラ初主演 不器用で愛らしい童貞役も本田翼と恋に?

[ 2017年5月22日 06:00 ]

TBSの深夜ドラマ「わにとかげぎす」の主演を務める有田哲平と羽田梓役の本田翼(C)TBS
Photo By 提供写真

 「くりぃむしちゅー」の有田哲平(46)が連続ドラマに初主演する。7月スタートのTBS「わにとかげぎす」(水曜後11・56)で、自分を変えたいと一念発起した孤独な男の物語。サスペンス、コメディー、恋愛とさまざまな要素を含んだ人間ドラマとなる。

 原作は「行け!稲中卓球部」などで知られる古谷実氏の人気コミック。有田は夜間警備員の富岡ゆうじを演じる。友達も恋人もいない男で、その人生を変えようと友達づくりを始めた。ある日「おまえは1年以内に頭がおかしくなって死ぬ」と脅迫状が届き、事件やトラブルに巻き込まれていく。

 なぜ有田なのか。富岡は純粋で真面目だが、不器用で愛らしい童貞。プロデューサーは「有田さんが隠し持つ少年のような無邪気さや純粋さがこの役にぴったりだと感じた」と説明。既に撮影は始まっており「驚くほどハマってます」と手応えを感じている。

 有田はオファーを受けた時を振り返り、「考えるよりも前に“やります!!”と返事をしてました」と明かした。「笑える部分もたくさんありますけど、古谷さんの作品の重みはハンパなくて責任を感じますね。そのせいなのか、撮影翌日は体のあちこちが痛い。体は痛いですけど、撮影は楽しいですよ。やりがいのある、いい現場にめぐり合わせていただきました」と充実の日々を過ごしている。

 富岡はなぜか小説家志望の美女・羽田梓にほれられる。羽田を演じるのは本田翼(24)。「有田さんが主演のドラマと聞いてびっくりしたのと同時に、面白そうと思いました」と話し、「孤独の中にいる富岡さんを背後から引っ張り出す力強さを出せたら」と意気込んでいる。「美女と野獣」のような2人の恋模様も見どころだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年5月22日のニュース