松ケン、ハリウッド声優初挑戦!「怪盗グルー」新作で大悪党の怪盗役

[ 2017年5月22日 05:00 ]

米アニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」の日本語吹き替え版で怪盗バルタザール・ブラットの声優を務める松山ケンイチ
Photo By 提供写真

 俳優の松山ケンイチ(32)がハリウッド映画の声優に初挑戦する。米アニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」(7月21日公開)で、大悪党の怪盗バルタザール・ブラット役を務める。

 人気の「怪盗グルー」シリーズの新作で、ブラットは主人公グルーの最大のライバル。肩パッド入りの80年代風ファッションで、レトロポップな音楽とともに軽やかに盗みをはたらく。配給の担当者は「松山さんは幅広いさまざまな役柄をこなし、毎作品で違った顔を見せてくれる」と起用理由を説明。今作ではブラットの子供時代から思春期、大人までを1人で演じる。

 松山は「楽しい仕事ができてうれしく思っています」と笑顔。「山田康雄さんが“吹き替えも俳優業の一つ”とおっしゃっている意味を痛感しながらも楽しんでやっています」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年5月22日のニュース