西川史子 狩野英孝にあきれ顔「ひどい結果になると分かっていたろうに」

[ 2017年1月22日 10:48 ]

西川史子
Photo By スポニチ

 医師でタレントの西川史子(45)が22日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演。17歳の女子高生との淫行疑惑で謹慎を発表した芸人の狩野英孝(34)について「バカだなと思う」とコメントした。

 狩野の一連の報道、前日の謝罪会見をVTRで見守った西川は「バカだなと思う」とあきれ顔。「今までいろいろあった中で、ひどい結果になるだろうってのは分かっていただろうに…。17歳と22歳って差がある。気づいていたんだろうなと…なんとなく…」と続けた。

 17歳と知り、交際をやめたという狩野に対し、「そこ(結婚)までの気持ちないんじゃない?」「やりたかっただけでしょ」「ファンには手をつけないでしょ?」と厳しい言葉を並べた。

 タレントの壇蜜(36)は「こういうふうになってしまうのはこの方の性分。過去に手ひどく振られてしまったとか、凄く寂しい経験をしたとか、そういうことがないと今の恋愛の趣向って決まってこないから」と冷静だった。

 多くのタレントが狩野への批判を展開する中、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵(37)は狩野を擁護。22歳だと偽って、付き合ったことにも女性の年齢を見分けるのは「わからない」と理解を示し、「22歳と言って会って、17歳と言われてからは会ってないんですよ!お父さんも申し訳と言っているんだから」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年1月22日のニュース