TOKIOと林檎が五輪演出 都庁前で「TOKYO」アピール

[ 2017年1月1日 05:30 ]

第67回NHK紅白歌合戦

 TOKIOと椎名林檎(38)は2020年の東京五輪・パラリンピックを見据えたスペシャル企画で、東京都庁前の都民広場から中継で出演した。

 「宙船」を歌ったTOKIOは都庁の建物を使った「プロジェクションマッピング」で過去の五輪の名シーンを回想。「青春の瞬き」を熱唱した椎名はプロジェクションマッピングや、静止した状態で動画を撮る「マネキンチャレンジ」などの演出を披露。東京の上空からの映像も盛り込んで「TOKYO」をアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年1月1日のニュース