フジ“昼の顔”斉藤舞子アナ 同局社員と元日婚「新たに心の支え」

[ 2017年1月1日 18:00 ]

フジテレビ・斉藤舞子アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビは1日、昼のニュース番組「FNNスピーク」(月〜金曜前11・30)のキャスターを務める斉藤舞子アナウンサー(35)が結婚したことを発表した。

 お相手は30代の同局社員。約7年前に仕事を通じて知り合い、その後、交際に発展。このたび結婚の意思を固め、都内で婚姻届を提出した。挙式・披露宴については未定。斉藤アナは今後も仕事を続ける。

 斉藤アナは同局を通じ「私事で大変恐縮ですが、この度、縁あって結婚したことをご報告させていただきます。新たに心の支えができました。日々支えてくださる皆様への感謝の気持ちも忘れず、これまで以上に仕事に邁進してまいります。今後ともよろしくお願いいたします」と喜びのコメントをした。

 慶大在学中に「ミス湘南フォトジェニック」に選ばれ、巨人のマスコットガールも務めた美人アナ。2004年にフジテレビに入社し、新人時代から報道を希望していたが、仕事はバラエティーが中心だった。それでも自主練習でアナウンス技術を磨き、12年にFNSアナウンス大賞のナレーション部門でトップを獲得。努力が認められ、14年7月に「スピーク」のキャスターに抜擢された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年1月1日のニュース