「箱根駅伝」の裏番組は…各局の個性が出る傑作選&再放送

[ 2017年1月1日 14:18 ]

(上から)「下町ロケット」で主演を務めた阿部寛(中央)ら出演者 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を卒業する太川陽介(左)と漫画家でタレントの蛭子能収
Photo By スポニチ

 正月の風物詩「箱根駅伝」が日本テレビで2、3日(午前7・50)に放送される。昨年も往路28・0%、復路27・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、年末のNHK紅白歌合戦に次ぐ視聴率を叩き出す同局のキラーコンテンツだが、気になるのは裏番組。大みそかは「打倒紅白!」を掲げて各局とも全力を尽くすが、箱根の裏は傑作選と称した再放送が並ぶ。数多ある過去の番組からどのコンテンツを駅伝にぶつけるかは各局の個性が出て面白い。箱根駅伝の裏で注目の番組(関東地区)を紹介する。

◆NHKは今年も“ブラタモリ祭り” テレ東「路線バスの旅」卒業回につなぐ編成

 NHKは今年も“ブラタモリ祭り”で打倒駅伝を狙う。昨年に続き2日はタモリ(71)が全国を旅する人気番組「ブラタモリ」アンコール版で京都嵐山、伊勢神宮、横浜、会津磐梯山、広島を放送する。ブラタモリのロングラン後に「全国大学ラグビー選手権準決勝 同志社×東海 帝京×天理」(後0・15)にタスキをつなげる。

 テレビ東京は2日に俳優の太川陽介(57)と漫画家でタレントの蛭子能収(69)が番組卒業する「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(後5・55)に合わせて「【ローカル路線バス乗り継ぎの旅】一挙放送!!今夜5:55太川&蛭子…遂にファイナル」(前6・00〜後1・30)を届ける。インターネットなどの番組紹介欄では「駅伝に飽きたらバス旅も見てね!」とちゃっかりアピールも。

◆TBSは傑作ドラマで勝負!「下町ロケット」2日連続一挙放送

 TBSは強力なドラマコンテンツで駅伝に挑む。「新春ドラマスペシャル『下町ロケット』ディレクターズカット2日連続」と題し、15年に人気沸騰となった日曜劇場の傑作をお届け。2日に「ロケット編!」3日「ガウディ編」(前9・00〜後2・30)を一挙放送する。阿部寛(52)演じる主人公が仕事への夢、情熱を語る姿に、普段はドラマをあまり見ない中高年男性が共感。正月のお茶の間で、世のお父さんたちが再び胸を熱くするかもしれない。

 フジテレビは昨年、ドラマ「大使閣下の料理人」「フリーター、家を買う。」と名作ドラマ中心のラインナップだったが、今年はバラエティーがメイン。2日は「有吉くんの正直さんぽ永久保存もう一度歩きたい傑作グルメタウンSP」(前6・00〜9・50)や「正直さんぽ新春さんぽ初めin別府」(前9・50〜11・50)を放送。午後1時からは嵐の二宮和也が主演を務め、夏目漱石原作の痛快学園ドラマを映像化した「坊っちゃん」を再放送する。3日は「タカトシ温水の路線バスで!浅見光彦といく館山〜おもろい夫婦と行く京都」「おじゃMAP!!傑作選」などを放送する。

 テレビ朝日は2日に「しくじり駅伝2017」(前7・00〜後1・00)「路線バスで寄り道の旅 2017新春 東京箱根間片道バス乗り継ぎスペシャル」(後1・00〜6・00)、3日に「新年よゐこの無人島生活 お正月から超過酷よゐこ森泉&長谷川潤も限界6時間SP」(前7・00〜後1・00)「新春相棒祭り 相棒14 ♯10スペシャル」(後1・00〜3・33)と人気番組の厳選集を中心に展開する。駅伝を見ない視聴者の取り込みに成功するのはどの局になるか注目だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年1月1日のニュース