Hey!Say!東京ドームでJUMP 山田「国民的アイドルに」

[ 2017年1月1日 06:30 ]

 Hey!Say!JUMPが31日、同グループ初となる年末年始の東京ドーム公演をスタートさせた。同所での年末年始公演は先輩のKinKi Kidsが98年以降、恒例としてきたが、昨年はKinKiの「NHK紅白歌合戦」初出場に伴い、白羽の矢が立った。山田涼介(23)の「ヘイヘイ東京ドーム、騒げー!」の絶叫で幕開け。最新曲「Give Me Love」など33曲を熱唱した。

 昨年は山田がフジテレビの月9ドラマ「カインとアベル」に主演したほか、伊野尾慧(26)がフジテレビ「めざましテレビ」の木曜レギュラー、有岡大貴(25)と八乙女光(26)が日本テレビ「ヒルナンデス!」の火曜レギュラーになるなど飛躍の年に。開演前の取材会で山田は「ステップアップできた感じ。ほかのメンバーも仕事がすごく増えて、それをグループに還元してくれている」と手応えを語った。

 この日は大先輩SMAPが解散。山田は「あの大きな背中を追い続け、いつの日か国民的アイドルになりたい」と決意を新たにした。きょう元日には、コンサートとしては東京ドーム史上初となる1日2回公演を行い、2日間で計16万5000人を動員する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年1月1日のニュース