中田宏氏、東京五輪ボートなどの韓国開催案は「絶対ダメ」

[ 2016年10月18日 12:55 ]

中田宏氏
Photo By スポニチ

 元横浜市長の中田宏氏(52)が18日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。2020年東京五輪・パラリンピックのボートとカヌー・スプリントの会場変更問題で、国際オリンピック委員会(IOC)が韓国での代替開催を提案する可能性があるとの報道について「(韓国での開催は)あとあと大変になる」との持論を語った。

 中田氏は開口一番「絶対ダメですよ」と断言。自らが横浜市長を務めていた2002年に日韓共催で行われたサッカーW杯を振り返り「開会式がソウルで決勝が横浜だったが、選手、マスコミの移動等々、すごい大変だった。あとあと大変になる」と語った。

 元JOC職員でスポーツコンサルタントの春日良一氏は「IOC側から見たら、もっとちゃんと準備してほしいとの意思表示ではないか」と見解。「(もめているのであれば)韓国でやる方法もあるとプレッシャーをかけているのだと思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月18日のニュース