ロザン宇治原 広島日本一なら“来季”クイズ番組全勝宣言

[ 2016年10月18日 10:50 ]

広島カープが日本一になったら「来シーズン出演するクイズ番組で全部優勝します」と宣言した「ロザン」宇治原史規
Photo By スポニチ

 “カープ芸人”の「ロザン」宇治原史規(40)が、22日に開幕するプロ野球日本シリーズで広島が32年ぶり日本一に輝けば、“来シーズン”に出演するクイズ番組で「全部優勝する!」と宣言した。芸能界きっての頭脳派として活躍する京大卒インテリ芸人らしく、体を張らずに頭を使ったエールで大一番を控えた鯉を応援するつもりだ。

 ここまで来れば当然、愛するカープに最高のフィナーレを飾ってほしい。そのためなら、自らに“厳しい”V公約を課す覚悟もある。記者から、日本一になったらどうします?と問われると「来シーズン出演するクイズ番組は全部優勝します」と力強く言い切った。

 大阪生まれだが物心つく前の4歳で広島に引っ越し、「気付いたらファンになっていた」という生粋のカープ党。25年前のリーグ優勝時は家族で再び大阪に戻ってきた年で、私生活で新しい環境に慣れるのに必死だったため、「あっ!優勝したんだ」というぐらいの感想しかなかったそう。

 それだけに、今年のセ界制覇は感慨深かったようで「芸人仲間や仲のいいライターさんらと静かに祝勝会をやりました」と余韻をかみしめた。もちろん、次に期待するのは、22日から始まる日本シリーズ制覇だ。

 クライマックスシリーズは、リーグ優勝から1カ月以上空いていたことが不安視されていたが、「選手に実力があるから問題ないと分かっていた。コツコツ身に付けた力はうそをつかないもの」。クイズ番組で圧倒的な正解率を誇るインテリ芸人として導き出した人生の“解答”と重ね合わせるように今年のチーム力は本物だと太鼓判を押す。

 自らの公約では、出演するABC系「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(月曜後9・00)の出番が現在、2カ月に約3回。色紙に記した「来シーズン」がプロ野球を指すなら、来年3~10月までで単純計算で計12回程度、出演することになる。

 番組では毎回、女優の宮崎美子(57)漫画家のやくみつる氏(57)ら各界の知識人、高学歴タレントらと頭脳をフル回転させて、競い合う。それを全部勝つだけでも相当の困難が予想されるが「Qさま!!」以外のクイズ番組も「絶対に負けない」と豪語。もしも実現すれば宇治原も“クイズ界の神ってる男”と呼ばれるのは間違いなさそうだ。

 ≪広島日本一のキーマンは野間峻祥外野手≫一見、無謀にも思える公約を掲げるのも、「普通にやれば大丈夫なはず」とカープの日本一を確信しているからこそ。明晰(めいせき)な頭脳による“方程式”で導き出した勝利へのキーマンには、野間峻祥外野手を指名。「ブレークした鈴木誠也くんにも素質は負けていません。やってくれるはず」と活躍を皮算用していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月18日のニュース