ノンスタ石田 右腕にタトゥー!?疑惑一蹴「紛らわしくてすみません」

[ 2016年10月6日 16:53 ]

負傷した姿をブログで公開していたNON STYLEの石田明(公式ブログより)
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(36)が6日、自身のブログを更新。5日に放送されたTBS「リンカーン芸人大運動会2016」で右腕にサポーターを巻いて競技に出場したため、ネット上などで生じた“タトゥー疑惑”について言及した。

 5日の同番組では右腕の大部分を黒いサポーターで覆い、競技に出場。そのため放送後には自身のブログの検索ワードが「ノンスタイル石田 刺青」、「ノンスタイル石田 タトゥー」などタトゥー隠しを疑うワードであふれたという。

 “タトゥー疑惑”には「最近ずっと右腕隠してるんですよねー。怪しいですよねー」と理解を示した上で、「紛らわしくてすみません。タトゥーではございません。手術痕が結構ありましてね。それを隠してるんです」と釈明。石田は4月に転倒し、右上腕を骨折。以前入れていたプレートを取り出し、新たな金属を入れるという手術により、かなり目立つ痕となったという。

 石田は最後に「決してタトゥーではございませんので、よろしくお願いします」と改めてつづり、タトゥーではなく手術痕であることを強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年10月6日のニュース