江川達也氏 「君の名は。」に持論「プロから見ると全然面白くない」

[ 2016年10月6日 14:10 ]

バイキングに出演した漫画家の江川達也氏
Photo By スポニチ

 「東京大学物語」などで知られる漫画家の江川達也氏(55)が6日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。大ヒット中の映画「君の名は。」について「プロから見ると全然面白くない」と持論を展開した。

 この日の番組では、同作が興業収入130億円を突破したことを紹介。作品を見た出演者から絶賛の声が上がる中、江川氏は「これは売れるなと思いましたけど、プロから見ると全然面白くないんですよ。作家性が薄くて、売れる要素ばっかりぶちこんでるちょっと軽い作品」と“作り手”の立場から意見を述べた。

 また「(作品を)絶賛している人が、面白くなかったと言う人を凄くディスるんですよ。『見なきゃダメだよ』とか言って」と指摘。「ある種、『君の名は。』はファシズム映画なんですよね」と語った。

 同作を手掛けた新海誠監督と面識があるという経済評論家の岸博幸氏(54)は、江川氏の意見を受けて「アニメ業界の大御所の方の意見も江川さんに近い。『あれは映画じゃなくて“ミュージッククリップ”だよな』と言っていた」と補足。「でもこれが重要なポイントで、新海監督は賢い方だから今の世の中の傾向、スマホ世代に合わせた作品を作った」と新海監督を賞賛していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年10月6日のニュース