「こち亀」200巻でギネス世認定「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」

[ 2016年9月12日 05:00 ]

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」単行本200巻の表紙

 9月17日発売の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で最終回を迎え、40年の連載にピリオドを打つ国民的漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、単行本200巻(9月17日発売)の刊行で「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されることが分かった。9月12日発売の「週刊少年ジャンプ」41号上で発表された。

 同作品がギネス世界記録に認定されるのは今回が初めてで、40周年を迎えての偉業達成となった。東京・日本橋高島屋で「こち亀展」が開幕する14日、同所で原作者の秋本治氏(63)に、ギネス・ワールド・レコーズ社の公式認定員から公式認定証が授与される。

 1976年(昭51)9月に連載スタート。「こち亀」の愛称で親しまれ、東京の下町を舞台に、ハチャメチャ警官・両津勘吉の巻き起こす騒動を描いてきた。40年間、一度の休載もなく連載が続いており、単行本は199巻、計1億4000万部以上を売り上げている。テレビアニメ、舞台化もされ、SMAPの香取慎吾(39)主演でドラマ化、実写映画化もされた。

 単行本200巻は「こち亀」史上最大ボリュームの400ページで、通常の単行本2冊分に相当する。

 連載終了は今月3日、東京都の神田明神で行われた同作の絵巻奉納式で、原作者の秋本治氏(63)が発表。「いつまでも描きたいが、おめでたい時に終わるのが一番」などと語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年9月12日のニュース