「とと姉ちゃん」週間平均視聴率22・7%!23週連続の大台超え

[ 2016年9月12日 10:07 ]

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロインを務める高畑充希

 女優の高畑充希(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(月~土曜前8・00)の第23週(5~10日)の平均視聴率は22・7%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが12日、分かった。これで23週連続の大台超え。

 週間平均は第1週21・7%。全156回を通じた期間平均23・5%で今世紀最高を記録した前作「あさが来た」の第1週平均20・3%を上回った。第2週以降もすべて20%超えと高水準で推移し、第20週で自己最高の24・5%を記録している。

 各日の番組平均は、5日22・0%、6日22・7%、7日24・5%、8日23・4%、9日22・1%、10日21・3%。

 昭和初期から高度経済成長期を背景に、亡き父親に代わり、一家の大黒柱として母親と2人の妹を守る「とと(=父)姉ちゃん」こと小橋常子(高畑)が戦後の東京で女性向け雑誌を創刊する姿を描く。モデルは雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子。10月1日まで全156回。

 第23週は「常子、仕事と家庭の両立に悩む」。常子(高畑)は、星野(坂口健太郎)たちと動物園に行く約束をする。約束の日前日、常子が印刷所に連絡すると、「花山(唐沢寿明)の代理だと名乗る社員から原稿を捨てて欲しいと指示された」と言われる。その対応に追われる常子は、動物園に行けなくなったことを星野に伝える。だが、星野の娘・青葉(白鳥玉季)に「おばちゃまの嘘つき」と言われてしまう。そんなある日、星野に転勤の内示が出る…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年9月12日のニュース