17日「ENGEIグランドスラム」最長250分!オリラジ新曲初披露

[ 2016年9月12日 11:00 ]

「ENGEIグランドスラム」のMCを務める(左から)ナインティナインの矢部浩之、岡村隆史、松岡茉優

 フジテレビのお笑いネタ番組「ENGEIグランドスラム」の第6弾が17日午後7時から放送される。“日本一豪華なネタ番組”をコンセプトにしているが、今回は番組史上最長となる250分スペシャルと、まさに超豪華版。第4弾で「PERFECT HUMAN」を初披露して話題を呼んだお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」が新曲「ULTRA TIGER」をテレビ初披露する。

 MCは第1弾から引き続き、ナインティナインの岡村隆史(46)矢部浩之(44)、女優の松岡茉優(21)が担当。今回の岡村イチ押しはお笑いコンビ「千鳥」。「この夏で一番おもしろかったかもしれない」と大爆笑し、矢部も「コンテストだったら絶対にしないであろうネタ」と評した。また、矢部は「『PERFECT HUMAN』と同じくらい、衝撃の問題作」と友近(43)を絶賛。音楽に乗り、ステージを縦横無尽に駆け巡るネタにMC一同驚く。

 演出も手掛ける同局の藪木健太郎チーフプロデューサーは「今回の出演芸人さんも実力も人気も兼ね備えた皆さんに集まっていただきました。“この番組のために新ネタを作った”といった方や、逆に“ここでは絶対にウケたいから、このネタで行かせてくれ”“このネタはどうしてもENGEIでやりたくて取っておいたネタだ”と言っていただく方もいて、回を増すごとに芸人さんたちの『ENGEIグランドスラム』に対する“熱”を強く感じています。その芸人さんの“熱”に負けないようにしっかりと受け止めて、アツアツのままテレビの前にお届けします。秋の夜長、家族揃って笑うだけの4時間をお楽しみください」と初の4時間超え放送に自信を示している。

 平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は第1弾=14・3%、第2弾=10・5%、第3弾=12・2%、第4弾=12・5%、第5弾=14・2%と、いずれも高視聴率を記録している。

 今回の出演芸人は以下の通り(五十音順)。アンジャッシュ/オリエンタルラジオ/麒麟/キャイ~ン/シソンヌ/陣内智則/スピードワゴン/千鳥/TKO/テンダラー/友近/トレンディエンジェル/中川家/流れ星/NON STYLE/バイきんぐ/博多華丸・大吉/バカリズム/ヒロシ/フットボールアワー/ミキ/村上ショージ/柳原可奈子/吉本新喜劇ユニット/ロッチ/ロバート/我が家/他

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年9月12日のニュース