松田龍平「あまちゃん」以来の連ドラ出演「良く食べ、良く寝て挑みたい」

[ 2016年6月4日 08:57 ]

約3年ぶりの連続ドラマ出演が決定した松田龍平

 女優の松嶋菜々子(42)主演で7月にスタートするフジテレビの木曜劇場「営業部長 吉良奈津子」(後10・00)に、俳優の松田龍平(33)が出演することが決定した。松田は2013年に放送されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来、約3年ぶりの連続ドラマ出演となる。

 ドラマは、広告代理店の売れっ子クリエーティブディレクターだった吉良奈津子(松嶋)が主人公。40歳手前で結婚し、出産と育児休暇を経て3年ぶりに仕事復帰。しかし、営業担当になり、部下とはまったく反りが合わない。次から次に勃発する問題に向き合いながら、仕事と家庭を両立させるため奮闘していく姿を描く。

 松田が演じるのは、業界大手の広告代理店“東邦広告”のクリエイティブ局に勤務する優秀なクリエイティブディレクター、高木啓介。新人時代に奈津子の下で担当した“ある仕事”で辛酸をなめさせられた経験があり、産休と育児休暇を経て職場復帰してきた奈津子とぶつかりながらも、心のどこかで成長した姿を見せつけたいと思っているという役どころとなっている。

 松田は今作で松嶋と初共演。「今から撮影が楽しみです」と松嶋との共演を喜び、「久々の連続ドラマ出演になるので、体調を崩さないよう、良く食べ、良く寝て撮影に挑みたいと思います」と意気込みを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年6月4日のニュース