平愛梨とは自宅の風呂を借りる仲 三瓶からの助言「長友の話を聞いてあげて」

[ 2016年6月4日 08:16 ]

親友・平愛梨にエールを送った三瓶

平愛梨 サッカー日本代表VSブルガリア代表観戦

(6月3日 愛知・豊田スタジアム)
 平愛梨と長友佑都のキューピッドとなった三瓶(39)は、平に同伴してスタジアム入りした。品川駅でスポニチ本紙の取材に「愛梨は天然(ボケキャラ)だけど、優しくて人の世話ができる人。ただ、人の話を聞かないところがあるから、長友さんの話はしっかり聞いてあげてほしい」と、親友らしく辛口を交えてエール。「見ている限り、とても幸せそう。親友としてもっと幸せになってほしい」と祝福した。

 三瓶は長友と共通の知人を介して知り合い、13年12月に平も交えて4人で食事。これ以降に4人で会ったのは「1、2回だったと思う」と振り返り、昨年春に長友と平が2人きりで会ったのは、三瓶が急きょ行けなくなったからだったという。

 平は三瓶に「一生感謝していきたい」と、長友との結婚を前提に「一生」という言葉を使ってお礼。2人が親しくなったのは、お笑いコンビ「キャイ~ン」天野ひろゆき(46)宅で天野の手料理を楽しむ「天野会」に参加したことがきっかけ。この会にはほかに、ビビる大木(41)AKINA(30)夫妻やお笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎(38)らがいるが、三瓶と平はデビュー時期もほぼ一緒であることから、特に仲がいい。週に3回ほど会っていて、平は自宅の風呂を使うのも許すほどだ。

 2人を結び付けた三瓶は、インターネット上などで脚光を浴びており「再ブレークできますかねぇ?キューピッドの仕事とかないかなぁ」と冗談交じりに話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年6月4日のニュース