麒麟・川島&今野浩喜「IPPON」初出場!スカウト2人優勝は初

[ 2016年6月4日 17:00 ]

「IPPONスカウト」を制し、第15回「IPPONグランプリ」に初出場する(左から)麒麟の川島明、今野浩喜

 お笑いコンビ「麒麟」の川島明(37)と今野浩喜(37)が年2回の大喜利の祭典、フジテレビ「IPPONグランプリ」(11日後9・00)に初参戦する。本戦出場を懸けた「IPPONスカウト」(4日後3・00)を制した。スカウト枠からの2人選出は史上初。

 「IPPONスカウト」は、まだ見ぬ大喜利得意芸人の発掘プロジェクト。1405人が「全国一斉大喜利ペーパーテスト」に参加し、その中から優秀な答えを出した5人、ダブルブッキング・川元文太(41)シャンプーハット・こいで(40)永野(41)川島、今野が選ばれ、本戦を目指して争った。

 激戦を制した川島は「自信はあったのですが、実際に出場が決まるまではドキドキしていました。ライブ終わりなどに、ドッキリ的に出場決定が知らされることは知っていたので『IPPONスカウト』の収録終わりから出場決定までの10日間くらい、めちゃくちゃキョロキョロしていました。いつものレギュラー番組でも楽屋が違うと気になったり。今、思い返すと、めっちゃ恥ずかしいですね」と笑いながら心境を明かした。

 今野は「『IPPONスカウト』ですごく調子が良かったので、当然の結果で、異論はないかなと思っていました」と笑顔で自信たっぷりに語った。

 第15回大会となる本戦出場者は以下の10人(50音順)。秋山竜次(ロバート)川島明(麒麟)今野浩喜、伊達みきお(サンドウィッチマン)千原ジュニア(千原兄弟)博多大吉(博多華丸・大吉)バカリズム、塙宣之(ナイツ)堀内健(ネプチューン)若林正恭(オードリー)。

 川島、今野、伊達、塙の4人が初出場というフレッシュな顔ぶれ。大喜利王決定戦を制するのは――。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年6月4日のニュース